愛知県一宮市の歯医者 うかい歯科まゆデンタルサロン 
一般歯科・小児歯科・矯正歯科・口腔外科

うかい歯科

診療案内

  • 一般歯科
  • 予防歯科
  • 小児歯科
  • セラミック治療
  • ホワイトニング
  • 義歯(入れ歯)
  • 口腔外科
  • 訪問歯科
  • インプラント

一般歯科

日本人の約90%以上がむし歯にかかっております。
むし歯くらい…..と誰もがかかったことがあるために軽くみられがちですが、一度蝕んだ歯は元には戻らないのです。
治療し、進行を食い止めるしか手段がありません。
むし歯の原因をできるかぎり解明し、予防をすることが重要です。
貴方のほんの少しの努力と理解で、健康な歯を守っていくことが可能です。

診療の流れ

  1. 初診・カウンセリング
    問診を行い、歯の健康状態し、ご要望をお伺い致します。
  2. 検査
    レントゲンや模型を使って丁寧に説明し、患者様と相談しながら治療計画を立てます。
  3. 治療開始
    問診検査・カウンセリング時のご要望をもとに、適切な治療を施します。
  4. メインテナンス
    治療が終了をした後も歯の健康状態を保つため、定期的なメインテナンスをお受けることをお薦めします。

予防歯科治療

歯は一生使うもの。
むし歯になってからでは手遅れです。
従来、歯科医院は歯が痛くなってから行くものでしたが、
むし歯や歯周病で歯を失わないよう、事前に防ぐための予防歯科をおすすめしています。

PMTC (Professional Mechanical Tooth Cleaning)

虫歯や歯周病は細菌によって起こる感染症です。
その細菌を口の中から無くせば、ほとんどの歯の病気は防げます。
プロフェッショナルケアは、専門家によるお口の中の細菌バリア被膜除去の事です。
歯磨きでは取れない歯にこびりついた悪い菌を、徹底的にこすり落とします。

当院の院長の専門は、予防歯科です。
出来る限り削らない!抜かない!皆様の歯を守ってさしあげたい!という想いで、
当院では歯科医師自らまたは専門の歯科衛生士がプロフェッショナルケアを施術しております。
プロフェッショナルケアは予防効果が高いだけでなく、痛くなく歯がツルツルになり、とても気持ちの良い美容院感覚の処置です。
家庭でのセルフケアと、歯科医院での定期的なケアを上手に組み合わせて、いつまでも健康な歯を守りましょう。

ビジネスマン歯科

仕事が忙しく、歯が痛くならないと歯医者に来院されない方が多いですが、そんなビジネスマンの方達こそ予防歯科が大切になります。
初めてのお客様と話す機会が多いビジネスマンの場合は、会ったときの印象が商談の成否を決めてしまうというケースも少なくないかもしれません。
歯の着色汚れや口臭は相手に悪い印象を与えてしまう可能性があるため、日頃からきちんとケアしておくことをおすすめいたします。

 

8020
(80歳で20本の歯があること)

「8020(ハチ・マル・二イ・マル)運動」は、「80歳になっても自分の歯を20本以上保とう」という運動で、生涯にわたり自分の歯でものを噛むことを意味します。
近年「8020」を達成している高齢者は増加していますが、高齢者全体が増えていますので、「8020」を達成していない高齢者も増加傾向にあります。
いつまでもおいしいものを食べ続けるための元気な歯は、日々の手入れから。

40・45・50・55・60・65・70歳 節目歯周病検診実施医療機関

歯科ドック

歯・歯肉・噛み合わせ・顎など、お口全体の状態を調べることにより、病気の繰り返しを止め、きれいで健康な歯を保つ方法、一生自分の歯で咬めるようにするにはどのようにしたら良いかなどをアドバイスさせていただきます。

小児歯科治療

当院では、キッズコーナーやファミリー診療室など、お子様が歯医者さんに慣れやすい工夫をしております。

0歳児からの歯科

小児歯科に初めて診察に行くタイミングは、”歯が生え始めたら”がベストです。
おおむね生後6ヵ月が経過したあたりから乳歯が生え始めてきます。
この時期の歯はとても未熟なため、むし歯にかかりやすいだけでなく、一度かかってしまうととても早いスピードで進行してしまうので注意が必要です。
ご両親やご家族の受診に一緒にきてみて、歯医者さんの雰囲気を見学してみましょう。

フッ素

フッ素は歯や骨によい影響を与えることで知られています。
フッ素はエナメル質(ハイドロキシアパタイト)に取り込まれると、フルオロアパタイトという虫歯に強く溶けにくい物質に変えることが可能です。
虫歯予防に用いられるフッ素の成分は、お茶や紅茶の中に含まれている自然のフッ素イオンと全く同様のものです。
少なくとも1歳半から、一番奥の永久歯が生えそろう15歳くらいまでは、定期的(年に3回くらい)なフッ素塗布をおすすめいたします。
乳歯が生えそろう時期(1歳半~3歳)にフッ素塗布を兼ねて健診に行き、一度正しい仕上げ磨きの方法を習得しておくことで、お子様のむし歯のリスクをグッと減らすことができるでしょう。

シーラント

奥歯の噛み合わせの面の溝は、非常に深く汚れが残り、虫歯になりやすいと言われています。
そこで、この溝をフッ素の入った樹脂で埋めることを”シーラント”といい、いっさい削らない予防効果の高い処置です。
5・6歳(就学時)のころまでにおこなうのが、望ましいです。

マタニティ―歯科

妊娠中から赤ちゃんの歯がつくられていくことをご存じでしょうか?
妊娠7週目ごろから歯胚(歯の元となる細胞の塊)ができて、乳歯の準備が始まります。
妊娠5カ月ごろには永久歯の歯胚が完成します。
妊娠中はホルモンバランスの変化から唾液が減って、歯周病やむし歯を引き起こしやすいので注意が必要です。
特に歯周病は、早産や低体重児出産のリスクが高まることがわかっていますので、安定期(妊娠16~20週頃)に入られたら、受診されることをお勧めします。
生まれてくるお子様の歯を守るために、妊婦さんであるあなた自身のお口の中を整えましょう。
うかい歯科は「妊産婦歯科健診実施医院」です。

妊産婦歯科健診実施医療機関

子どものうちから歯科医院に連れていく3つのメリット

  • 歯の異常を
    早く発見することが
    できる
  • 正しい歯磨きの
    仕方が身に付く
  • 歯科への
    苦手意識をなくせる

当院では緊急度の高い痛みがある場合を除いて、無理やり治療を行うことはしません。
無理やり治療することでお子さんが恐怖を抱いてしまい、トラウマになってしまいます。
その場限りの関係ではなく、かかりつけ医となって、お子さんと長くお付き合いすることがお口の環境を守るうえでも重要です。
まずはお話をしたり、どんな器具を使うのか一緒に見たり触ったり等の練習をして、お子様が歯医者さんに慣れていただけるよう努めております。
大きくなっても健康な歯でいるために、歯医者さんへ通おう!

ホワイトニング

当院で行うホワイトニングです。歯の表面にホワイトニング剤を乗せてLEDを照射します。これを1セット(1歯30~60秒)行います。
急激に歯を白くするため後戻りといわれる再着色が早めであることから、2週間間隔で数回行うことで、良い結果がでることがほとんどです。

ホワイトニングの種類

オフィスホワイトニング 当院で行うホワイトニングです。歯の表面にホワイトニング剤を乗せて(16歯を約8分間)、LEDを照射します。これを3セット行います。
急激に歯を白くするため後戻りといわれる再着色がありうることから、2週間くらいの間隔で、2・3回行うことで、良い結果がでることがほとんどです。
ホームホワイトニング ご自宅でご自身で行っていただく方法です。最初に歯列全体の型をとり、マウスピースを作製します。効果がでるまで個人差がありますが、2~6週間が必要です。
時間をかけて行うことで、より「自然な感じの白さ」「後戻りしにくい効果」を得ることができます。
デュアルホワイトニング ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングを同時に実施するものです。
期間は2週間~3週間必要です。オフィスホワイトニングで一気に歯を白くして、その後ホームでゆっくり白くしていきます。
ホームホワイトニングより短期間で終了でき、高い効果を得ることができます。
さらにホワイトニング後の再着色も起こりにくく、長期間効果が持続します。
オフィスホワイトニングの24時間後、ホームホワイトニング開始。オフィスホワイトニングを2回以上行うとより効果が増します。

ブライダルホワイトニング

ブライダルホワイトニングとは、結婚式までに「短期間で集中的に歯を理想の白さにするために行うホワイトニング」です。
結婚式に備えてボディ・フェイス・ネイルなどのエステに取り組む人は多いのですが、
口腔内ケアや歯のケアに取り組む人は意外と少ないのが現実です。
笑ったお口元からこぼれる白い歯は、お二人の魅力を最大限に引き出してくれます。
にっこりとステキな笑顔で式をお迎えください。

義歯

当院では、入れ歯のご相談にも様々お応えしています。
お一人で悩まずにお気軽にご相談下さい。

義歯の種類

スマートデンチャー

「目立たない入れ歯」です。
金属のバネがないため見た目がきれいで、入れ歯と気づかれることもないので、お口を手で覆わずに大きなお口を開けて笑ったり話したりできます。

磁石アタッチメントデンチャー

歯の根っこに磁石を吸着させる金属を接着し、入れ歯には磁石を埋め込みます。
使用するのは小型磁石ですが、強力な吸着力がありますので、安定性が高く入れ歯がずれたり外れたりすることがなくなります。
しかし、側方から大きな力がかかった場合は、外れて力を逃がしてくれますので、歯の根っこのかかる負担を軽減してくれます。

金属床義歯

入れ歯を安定させる底床の部分が金属でできている入れ歯です。
底床を金属にすることで入れ歯を薄くすることができるので、保険のものよりしゃべりやすかったり、違和感が少なかったりする総入れ歯を作れる可能性が高くなります。

歯科口腔外科

一般的に親知らずの歯を抜くなど、顎の関節の診査や歯ぎしり防止装置等のマウスピース治療、舌や口の中の粘膜の健康診断が中心になります。
舌や頬の粘膜疾患、前癌病変・口腔がんや潰瘍などチェックすることによって、悪い疾患を早期に発見するということがあります。
転倒して口の中を切ったり、歯をぶつけてぐらぐらしている、もしくは歯が抜けたなどの外傷については、緊急性が高いのですぐにお電話ください。

訪問診療

地域皆様笑顔為に

うかい歯科では、通院困難な方のために、歯科医師が訪問する歯科診療サービスを行っています。
虫歯、入れ歯の治療はもちろん、お口の中の状態をチェックする検診、口腔ケアも行っています。
ご高齢の方を始め、認知症、統合失調症、脳梗塞、リウマチ、パーキンソンといった疾患でリハビリ療養中の方、障害をお持ちの方などに多くご利用いただいています。
お気軽にお問い合わせください。

訪問診療のメリット

  • 自宅・施設に
    居ながらにして、
    診療が受けられます
  • 通院にかける
    時間や手間がなく、
    手軽に治療や口腔ケア
    を受けることが
    できます
  • 車椅子や
    寝たきりの方にも、
    診療を受けて
    いただけます
  • 介護者の方の
    負担を減らす事が
    できます

  • 半径16㎞圏内のご自宅・入居施設・病院に、歯科医師・歯科衛生士がお伺いします。
  • 歯科医院で使用するものと同等の医療機器を持参し、診療にあたります。
  • 訪問診療の曜日や時間は、患者様とご相談のうえ決定いたします。
  • お体の状態に合わせ、無理な体勢で負担がかからないように診療いたします。
  • すべて保険診療扱いで、出張費もかかりません。
  • お口の衛生管理「口腔ケア」もご利用いただけます。

訪問診療機材のポータブルユニット 『ポータキューブ』

うかい歯科では、訪問歯科治療の際に『ポータキューブ』を使用しております。
外来診療と変わらない定期的なクリーニングができ、清潔な口腔内を保つ事が可能です。

訪問診療に関しましてご不明な点はお問い合わせください。TEL:0586-68-3316

インプラント治療

失ってしまった歯を補う方法には入れ歯やブリッジなどがありますが、天然歯のような咬み心地や見た目をお求めになるならインプラント治療がおすすめです。
自分の歯と同じ噛み心地で食べ物を味わうことのできる喜びは、何ものにも代えがたい良さがあります。
インプラントは入れ歯やブリッジと違い、骨にしっかりと固定されていますので、力をかけて硬い食べ物でもしっかりと咬むことができます。
噛みしめることで出てくるお食事の美味しい味を損なうことがありません。
また、お食事のときに食べ物が入れ歯の下に入り込んで起こる痛み、入れ歯洗浄などの日ごろの手間、嫌な臭いなどの悩みからも開放されます。
取り外して清掃する手間もなく、普段通りのブラッシングで健康な歯を保つことができます。